教育

Education

2024年度新規開設 エネルギー総合学教育プログラム

エネルギー総合学連携研究機構では、東京大学の学生に向けた学部横断型教育プログラム「エネルギー総合学教育プログラム」を2024年度に新規開設いたします。
本プログラムは、学部後期課程の学生の他、大学院生も参加可能です。
必修の2科目4単位を含む12単位の取得で修了証が授与されます。
皆様のご参加をお待ちしています!

エネルギー総合学教育プログラムについて

エネルギーは私たちの生活に不可欠な社会の基盤になっていますが、近年、カーボンニュートラル社会の実現、地政学リスクの高まりや資源価格高騰など、社会の諸課題とも折り合いつつ「S+3E(安全性、安定供給、経済効率性、環境適合)」を達成するという非常に難しい舵取りが迫られています。

エネルギー問題に関連する分野は非常に多岐にわたるため、エネルギー問題の解決にあたっては、科学的な諸原理を理解した上で、化石燃料、原子力といった従来型のエネルギー、再生可能エネルギー、省エネルギー、蓄電池、水素など広範な領域にまたがる知識を有し、関連する法制度、経済制度や哲学倫理等をも踏まえた大局的な視野から提案・課題解決していけるという、広い視野と高度な能力を備えた人材が求められています。

CROCES-EDU-image240122.png

エネルギー総合学教育プログラムは、既存の学部の枠を越え、エネルギーについての技術的原理的な基礎知識を有した上で、関連する法制度、経済制度や哲学倫理等をも踏まえた大局的な視野から提案・課題解決をしていける人材の育成を目指します。

エネルギー分野を専門とする学生は、学部・研究科の課程で培う「特定の分野を深く掘り下げた専門性」に加えて、本プログラムで「エネルギー問題に関する基礎的知識や俯瞰的視野」を獲得することで、エネルギー分野を牽引していく人材として活躍していくことが期待できます。

エネルギー以外の分野を専門とする学生にとっても、エネルギー問題に関する基礎的知識や俯瞰的視野を獲得することは、研究機関、中央省庁、地方自治体、民間企業等におけるさまざまな業務において、強みになると考えます。

エネルギー総合学教育プログラムのチラシ(PDFファイル)はこちら

科目一覧

CROCES-edu-couse-overview2024.png CROCES-edu-courses2024t.png

科目一覧のPDF版はこちら

(必修科目)「エネルギー総合学基礎論」

エネルギー総合学連携研究機構では、東京大学の全学部共通授業科目「エネルギー総合学基礎論」を2024年度も開講いたします。 文系・理系を問わず、学部・大学院の別を問わず、エネルギー問題に興味がある学生さん達の受講をお待ちしています!

エネルギー総合学基礎論2024チラシ_表.png エネルギー総合学基礎論2024チラシ_裏.png

エネルギー総合学基礎論のチラシ(PDFファイル)はこちら

エネルギー総合学応用論は秋学期の開講となります。 エネルギー総合学教育プログラムの手続き方法や科目の詳細な情報などは順次アップしていきますので、こちらのURLを随時ご確認ください。

本プログラムについてのお問合せ:CROCES-EDU-add.png